高麗人参は成分がたくさん

高麗人参(=朝鮮人参)には実に様々な成分が含まれています。
これらの栄養のおかげで、多岐にわたる効能を生み出しているのです。
健康食品とは思えないほどの優秀な働きをする栄養分が沢山あり、
古くは万能薬と呼ばれていたことにも十分頷けます。

朝鮮人参にしか含有されていない特有成分もいくつかあり、
その代表的な例としてサポニンがあります。
この他にもいくつかの特有成分があり、症状の改善などに役立っています。

ここでは、それらの含有成分について解説をおこなっています。
製品選びのひとつの基準として知っておいて損のない知識です。

サポニン

天然の界面活性剤として自然界に生息しているほとんどの植物に含有されています。
朝鮮人参を煮ることで泡がブクブクとたちますが、それはこの物質によるものです。

しかし、朝鮮人参に含まれているサポニンは種類も量も他を圧倒します。
特有の種類もあることから、これらをまとめてジンセノイドと呼ぶこともあります。

主な働きとしては、血行促進機能や抗菌・殺菌作用などが挙げられるのですが、
この他にも白血球を増やす働きから免疫力を向上させることも出来ます。

中性脂肪やコレステロール値を分解する働きもあることから生活習慣病の改善に役立ちます。
ドロドロ血液をサラサラ血液に変えるということで育毛などにも効果的です。

血行の促進作用は実に様々な疾患の解決策になります。
例えば、疲労回復などが代表的な例でしょう。

身体中の細胞に血液を通して酸素や栄養を輸送することによって、エネルギーの生産を加速させます。

このジンセノイドの含有量が高麗人参選びのもっとも重要な指標のひとつです。
含有量に乏しいようであれば、効果は薄いかもしれませんが、
十分に含有されている場合は、その効果も絶大なものになります。

解熱作用などもあるため、風邪の回復にはぴったりでしょう。

アルカロイド

含窒素塩基物質、通称アルカロイドは朝鮮人参に含まれている有用性の高い特有成分です。
アルカリに似たような働きを持っているという意味の名前であり効果も様々です。

主な働きのひとつに免疫力の向上が挙げられます。
自然治癒力の向上は、それだけで様々なメリットを得ることができます。

風邪などの疾患に罹りにくくなる上に、ウイルスにおかされた場合でも回復が早くなります。
さらに、ガンやエイズなどの重篤な疾患に対しても働きかけると考えられています。

これらの成分をしっかりと把握することで製品選びのヒントになるでしょう。
重視したいのはジンセノイドだという事は頭に入れておきましょう。
こちらのサイトにも高麗人参とジンセノイドについての詳しい解説がありました。ぜひご覧ください。

Copyright© 2013 Regain power in ginseng All Rights Reserved.