高麗人参の安全性を確認

血行促進や疲労回復からはじまり、ガン対策に至るまで様々な効果を持っている高麗人参。
健康食品とは思えないほどにさまざまな効果・効能を持っているがゆえに、
その安全面への疑問を抱いている人もいるかもしれません。

摂取してはいけない場合はあるのか?
子供でも飲んでいいのか?
薬との併用は可能なのか?

上記のような不安や疑問が頭をよぎった人は少なくないでしょう。
ここでは、そんな疑問に丁寧にお答えしています。
しっかりと知識を身に着けて、安全な摂取を心がけましょう。

副作用の有無

私たちの生活のなかで、副作用という言葉はあまり聞きなれないかもしれません。
簡単に説明すると、これは薬局や病院で処方される医薬品に関しての知識で、
本来の飲用の目的とは異なる、期待していない症状が引き起こされることを指します。

具体的な例を挙げるとすれば、頭痛薬を飲んだ時に目眩や眠気がするなど、
基本的には余り好ましくない症状が発生することを指しています。

日本では、副作用を引き起こす成分が含まれている場合は健康食品として登録することが出来ません。
これは法律によって定められているルールで、例外はありません。

そして、高麗人参は健康食品です。
これを踏まえれば、副作用が起こり得ないということを理解して頂けるでしょう。

服用初期には、これ似た症状が引き起こされる場合もあります。
これは【メンケン反応(好転反応)】と呼ばれるものです。

具体的な症状としては頭痛や便秘、下痢などが挙げられます。
症状は長くとも一日から二日程度で収まるので心配はいりません。
基本的には服用を中止する必要もないのですが、症状が長引いてしまった時や不自然な場合は、
製造元のメーカーに問い合わせたり、かかりつけ医師に相談してください。

これは体の調子が上がるときに見られる前兆で、毒素が排出されて身体が好調になる時期に起こります。
東洋医学では一般的な考えであり、針やお灸などでも見受けられます。

摂取を控えるべき人

まず、第一に子供は服用を控える必要はありません。
むしろ記憶力の向上に役立つために、積極的に飲用するべきかもしれません。

妊娠中の方は摂取を控えた方が良いかもしれません。
妊娠中は体の調子が非常にデリケートですから、念には念を入れて置いた方がいいでしょう。

薬との併用に関しては、その都度かかりつけ医師に相談するのがベストです。
ワーファリンを摂取している場合は効果が薄れてしまうリスクがあるので、摂取を控えましょう。

こちらhttp://xn--gmq95j107eved.tv/では、摂取量と飲むタイミングなどについて、詳しく解説しているようです。一度ご覧になってみてください。

Copyright© 2013 Regain power in ginseng All Rights Reserved.