豆知識もいろいろ

様々な疾患を改善してくれる高麗人参ですが、その歴史は非常に古く、
最古の文献はおよそ二千年以上も昔のものです。
有名な秦の始皇帝も愛用していたという事は意外に有名な事実ですが、
文献などに残ってはいないものの、数千年以上にわたる歴史を持っているとされています。

その歴史のなかで、高麗人参は様々な呼び方をされてきました。
幽薬・仙薬など、神秘的な効果・効能に対してぴったりの呼び方をされる時もあれば、
不老長寿の薬、万能薬とその作用を表現したものもあります。
しかし、これらのどの名前からも素晴らしい有用性を窺い知ることができます。

古くは生薬や漢方薬として使用されてきたもので、大量生産が可能になった現在と違い、
収穫できる量に限りがあったことからも非常に高値で取引されてきました。

もともとは根がヒトの形に似ていたことから「参」という名前が付いたとされています。
ちなみにヒトの形に似ているものほど希少で価値のあるものとされていたそうです。

日本での歴史は、奈良時代の聖武天皇の治世から始まります。
当時は医療の技術も乏しく、呪術的な治療方法も未だに行われていた時代です。
そんな中で、病気の治療に高麗人参が用いられるようなり、日本でも広く知られるようになりました。

その後、日本国内では栽培されることはなかなかありませんでしたが、
江戸幕府の創始者である徳川家康が初めて本格的に国内栽培を試みた人だと言われています。

徳川家康では、そのころでは特殊なほどの健康マニアだったと言われています。
そんな家康も高麗人参に魅力のとりこになったようです。
愛飲するだけではなく、国内栽培を奨励していました。

しかし、栽培が非常に困難ということから志半ばにこの世を去ってしまいます。
その後は暴れん坊将軍でもおなじみの徳川吉宗が後をつぎ、初めて国内生産を成功させました。

これだけの長い歴史を誇るだけあり、今でもサプリメントという形で日本中の人に愛用されています。
これからもより活躍の場を広げていくことでしょう。

こちらには高麗人参と人参の違いについて掲載されています。こちらも必見です。

韓国での習慣

朝鮮人参の本場である韓国には父母の日というイベントが一年に一度あります。
これは日本でいうところの父の日と母の日にあたるでしょう。

その日に子供から父母に朝鮮人参をギフトとして贈る習慣があるそうです。
健康を祈って大切な日に贈られるほど、韓国では朝鮮人参が日常にとけこんでいるのです。

日本では、あまり馴染みがないかもしれませんが、両親へのプレゼントなどに贈ると、
意外に喜んでもらえるかもしれません。

このサイトwww.causeicare.comに、価格の目安について解説がありました。オススメですので、ご覧ください。

Copyright© 2013 Regain power in ginseng All Rights Reserved.