意外な効果いろいろ

高麗人参は、2000年以上も続くその長い歴史の中で、
いつの時代も時の権力者たちに愛されてきました。

栽培の難しさや効能の高さから、
家一軒と同じ程の価値があるとされる時代もありました。

それほど高価な物でしたので、やはり一般の人々は中々手にすることが出来なかったようです。

それほど価格が高かった高麗人参も、
農業技術の発展により一般の人々が手にすることが可能な時代となりました。

もちろん、現在でも、年根や産地によってとても高級な物から安価なものまで様々です。

しかし、その高く幅広い作用は変わらず愛され続け、
今なおより多くの作用が発見されています。

強精作用

高麗人参と言えば『滋養強壮』というイメージのある方も多いのではないでしょうか。

『サポニン』という成分には、血行促進の効果があり、
全身に栄養や酸素を行き渡らせることで疲労回復・滋養強壮に効果を発揮します。

この作用に加えて、精力低下の原因である、
男性ホルモンの減少やストレスなどへの作用もあるのです。

男性ホルモンの分泌を促進し、更にストレスを緩和する作用があります。

勃起不全でお悩みの方も、諦めずに試してみることをおすすめ致します。

自律神経を整える

自律神経というのは、交感神経副交感神経から成り立っています。

交感神経は、アクティブな時に使われる神経で、副交感神経はリラックス時に使われる神経です。

本来は状況に合わせてこの神経が適宜作用するのですが、
『自律神経失調症』と言われる状態は、この二つの神経がバランスを崩し、
間違った状況で働いてしまうのです。

すると、本来休むべき時に交感神経によって眠れなくなったり、
活動すべき時に副交感神経が働いて眠くなってしまったりします。

それだけではなく、精神的に不安定になる、免疫力が低下する、眩暈など、
さまざまな不調が表れます。

治りにくく辛い病気ですが、血行促進・ホルモンバランス調整・ストレス改善
・ジンセノサイドRb1による精神安定作用などが効果的に働きかけます。

含まれる栄養素によって、免疫力を高め、気力も高めることが出来ますので、
精神的・肉体的に健康体になることが出来ます。

更年期にも

更年期とは、40代~60代にかけて閉経前後にホルモンバランスが変化する時期を指します。

ホルモンバランスの乱れは身体にとって負担が大きく、
めまい・頭痛・冷え症・肩こりなど、ひどい場合は日常生活に支障をきたすほどになります。

ホルモンバランスの乱れによって自律神経失調症が引き起こされることが多く、
高麗人参の持つ成分が高い効果を発揮します。

自律神経に関してだけではなく、冷え症や肩こりになどの細かな症状にも効くので、
女性にもおすすめしたい逸品です。

Copyright© 2013 Regain power in ginseng All Rights Reserved.